イタリア ドゥオモ

で思い浮かぶのは、丸くて茶色い屋根をしたドゥオモ。
冷静と情熱の間の象徴的なシーンとして、知ることになりましたよね。

イタリアにはそれぞれ都市によって、ドゥオモが違うようです。

IMG_1037.JPG

日を真正面から浴びるドゥオモ。
きっと、こうなるように設計したんでしょうね。

私たちが訪れたのは夕方過ぎ。
残念ながらすごい行列で中に入るのはあきらめてしまいました。

ミラノのドゥオモがあるあたりは、
一大ショッピングロード。笑
日本人がたくさんいるかな?と思いきや、そうでもありませんでした。
中国人はたくさんいたけれどね。

ジェラート屋さんものきなみ混雑。
人の多さが際立っていました。

ちなみに、ミラノ中心部へは車でいくことはできないようです。
最寄りの地下鉄の駅に駐車してから、行かなければいけない、というのも
日本とは違う特徴の、ひとつ。
posted by Rei at 21:56 | Comment(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
イタリアと一口にいっても広い。
北部・中央部・南部に分けるだけでもその地域はまるで違う。
今、私がいるところは北部の町、ガララーテだ。

18034236_1187507314694746_3468302783002460215_n.jpg

北部はスイスに近いせいか、4月下旬になっても肌寒い。
「イタリアの田舎町」というのんびりとした雰囲気も、人口のそれほど多くない
静かな街並みも、気に入っている。
posted by Rei at 08:24 | Comment(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 随分、間が空いてしまいましたがまた旅ブログをコツコツ、

続けていこうと思います*

12109055_770231596422322_1581820339640412314_n.jpg

なんといってもロシアは「赤の広場」!

ここで軍事演習をすることもあるんだとか。そりゃ、あるだろうなぁ。

こんなに広いんだもの。

日本人の背の小ささからか、よけいに広く感じます。

12122823_770231593088989_2952559868535761997_n.jpg


まるでおとぎ話に出てくるお城みたい。



夜はバレエ鑑賞。

「白鳥の湖」を。


モスクワは日差しが強く、白夜っぽいため、

なかなか日が沈みません。

ようやくこれくらいの色になるのは

夜の9時過ぎ。

11224211_770231599755655_2113345155926210516_n.jpg


あぁ、世界ってひろいんだなぁ。
posted by Rei at 05:22 | Comment(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする