「トリノ」と聞くと、日本人は「オリンピック!」を思い浮かべるのではないでしょうか。
私もそうでした笑

イタリア北部の街、ガララーテから車で2時間ほど行くと到着するのが、
トリノです。ガララーテと寒さはそんなに変わらないくらい。

トリノの中でも世界遺産だというのが、こちら
IMG_0963.JPG

『アントネッリアーナの塔』というんだそうです。
王宮が近くにあり、この一帯はユネスコ世界遺産にもなっているそう。
やっぱり長蛇の列で、私たちは中に入るのを諦めました(あきらめすぎ?)
観光地に来るなら、やはり1時間前後は並ぶぞ!と思わないといけないんですね汗


トリノでもう一つ、忘れちゃいけないのが『カフェ』!
なんとここ、トリノにはオーストリアのウィーン同様、カフェ文化があるんだとか^^

それはまた、つぎのブログで。
posted by Rei at 00:42 | Comment(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
イタリア ドゥオモ

で思い浮かぶのは、丸くて茶色い屋根をしたドゥオモ。
冷静と情熱の間の象徴的なシーンとして、知ることになりましたよね。

イタリアにはそれぞれ都市によって、ドゥオモが違うようです。

IMG_1037.JPG

日を真正面から浴びるドゥオモ。
きっと、こうなるように設計したんでしょうね。

私たちが訪れたのは夕方過ぎ。
残念ながらすごい行列で中に入るのはあきらめてしまいました。

ミラノのドゥオモがあるあたりは、
一大ショッピングロード。笑
日本人がたくさんいるかな?と思いきや、そうでもありませんでした。
中国人はたくさんいたけれどね。

ジェラート屋さんものきなみ混雑。
人の多さが際立っていました。

ちなみに、ミラノ中心部へは車でいくことはできないようです。
最寄りの地下鉄の駅に駐車してから、行かなければいけない、というのも
日本とは違う特徴の、ひとつ。
posted by Rei at 21:56 | Comment(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
イタリアと一口にいっても広い。
北部・中央部・南部に分けるだけでもその地域はまるで違う。
今、私がいるところは北部の町、ガララーテだ。

18034236_1187507314694746_3468302783002460215_n.jpg

北部はスイスに近いせいか、4月下旬になっても肌寒い。
「イタリアの田舎町」というのんびりとした雰囲気も、人口のそれほど多くない
静かな街並みも、気に入っている。
posted by Rei at 08:24 | Comment(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする