日本のお盆休みにあたる「バカンス」。イタリアでもなんと3週間もあるというからスゴイ!
うちでもめでたくお休みをいただき、2週間ほどのバカンスを満喫することに。

前半→フィレンツェ・ピサ・ミラノ
後半→オランダ

(いったいお金がいくらかかるのか……)そんな不安を振り切るように、旅にでました。
行き先はいざフィレンツェ!

といえばここ!

IMG_2482 - コピー.JPG


映画「冷静と情熱の間」のモデルにもなった「ドゥオモ」。
訪れたときは8月のピークシーズン。午前中に訪れましたがすでにどこも行列が(;´・ω・)
クーポラ(丸い屋根の建物)は、完全予約制になったそうで、「鐘楼」へ上ることに。
タワーのようになっているので、ドゥオモを眺めることができるのです。ただし階段!途中に休憩場所があるのですがなかなか足がパンパンでしたw

鐘楼・博物館など計6つの館が入場できます。
ちなみに48時間でチケット15ユーロ。お得!ていうかフィレンツェははっきり言って1日じゃ周り切れません(断言)

アカデミア美術館にある「ダビデ像」
IMG_2501 - コピー.JPG


ウフィツィ美術館にある「ヴィーナス誕生」
IMG_2558.JPG


などなど、美術の資料集で見た名画が眼前に!現れると感動モノです☆
そんな中観光するうえで気を付けておいたほうが良いことを3つ!お伝えすると

1.靴はスニーカーがオススメ!
東京ディズニーランドと違い、周辺はガチの石畳です。足へのダメージがとにかく大きい!加えて、塔に上ったり、美術館や博物館に上ったりすることを考えると、「歩きやすいスニーカー」が断然オススメ!です!

2.狙った作品のみを周ったほうが良いかも…
アカデミア美術館、ウフィツィ美術館など周るだけでもかなり、歩きます。
美術館を見慣れている方ならともかく、作品の多さが半端じゃないんです(;´・ω・)
ラファエロの「受胎告知を見る」とか、決めて行ったほうが効率的、かもしれません。

3.ハイシーズンは行列も覚悟。嫌なら赤い「フィレンツェカード」を買おう
私たちが約1時間くらい行列で待っていた時の事、ほぼ並ばずに入場している人たちが。
「フィレンツェカード」を所持していると主な美術館などにすぐに入れるんだそう。
ただし、72ユーロ!で72時間有効なチケットなので、お得にいろんなところを周りたいひとには
オススメ。でも、15ユーロのチケットの方で十分かな。という感じもしました。並ぶけどw


「天井の無い美術館」と呼ばれるフィレンツェ。ちなみに、美術館内はすべてではありませんが、
フラッシュ無しなら撮影OKのところばかり。
デジカメを持っていくなら電池や充電器も必要でしょう(断言)

ミラノとは違い、芸術であふれた町に感じました。ルネッサーンス!に彩られた
フィレンツェ。今度はクーポラ(丸い屋根の方)に上りたいなぁ。
posted by Rei at 07:05 | Comment(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
酷暑も少しだけ峠を越えました。
あまりの暑さに氷嚢を買いに行ってほっとしたのもつかの間、それは「ゆたんぽ」でした。。。
(使ってるけど)

さて、今一番の関心事は「涼むこと」。気分はタイでコンビニの前でだらりんとしていた野犬のようです。
とにかく涼しいところに行きたい!そう考えてきたのがココ。

IMG_1076.JPG

Volandia(飛行機博物館)です!

不勉強で知らなかったのですが汗イタリアの歴史は航空機の歴史でもあるよう。さまざまな飛行機が
ここの工場で作られていたようです。それが今は博物館となっているんですね。

IMG_1952.JPG

昔はまあ、金属なんかないわけで「木製」の飛行機ばかり。それも職人さんというか普通の従業員の手で、
つくられていたのだから、改めてオドロキです。
まさしく「紅の豚」で女の人たちがポルコの飛行機をつくってた情景そのもの。
プロペラをかんなで削ってる映像もありましたwかんなですよ、かんな!

もちろん、飛行機は戦争中も登場します。さまざまな歴史を経て、現在の姿があるんだなぁと。
改めてアリタリア航空には頑張ってほしいなぁと。

IMG_1956.JPG
これはティルトローターですけどw

館内、入ってみると割と大きめ。ミグなどの戦闘機を間近に見ることもできます。
また、フライトシミュレーターや、ヘリコプター、気球の歴史コーナーもありました。
お子さん連れでも十分楽しめると思います。プレイランドもあるようでしたし。
ただ、、、、

「暑い!」


ので夏に行かれる方は水分補給をお忘れなく。(中にはカフェや自動販売機もあります)
ジブリ映画「紅の豚」ファンの方も、飛行機好きな方もきっと楽しめるはずです!
ぜひ訪れてみてくださいね!…って紹介記事になってしまったw

============
Volandia
http://volandia.it/
チケット
大人:€11
65歳以上の大人:€8
子供(3-11歳):€5
3歳未満 無料
※2017年8月現在
===========
posted by Rei at 19:23 | Comment(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
昔、秋田へ友人を訪ねて行ったことがあった。
「あれだけ北部なんだもの、きっと避暑地」そう思って到着した秋田の
すさまじい暑さよ。
迎えてくれた友人の「秋田をなめないで」という言葉が忘れられない。
これまでにも、タイ、上海と滞在経験がある私。特にタイの暑さを経験しているからか、
暑さ耐性があると思っていた。勝手に。

ところが、どうだ。このガララーテの暑さよ!
昼間は出歩けない(暑くて)
部屋にいてもつらい(暑くて)
何もやる気が起きない(暑くて)
という状況なのである。(最後は暑さ関係ない)

というわけで、もっぱら出かけるのは夜になる。
ただし、夜というのは22時くらいのこと。だって明るいからね。20時でも。
22時くらいになってもこの混雑を起こしているとある場所へ…。

IMG_1921.JPG

そう、ここは「ジェラート屋」。
ミラノ界隈ではほぼ見かけない「コンビニ」の代わりに、老いも若きも集う、
それが「ジェラート屋」である。

だいたい、2.3ユーロから2.5ユーロくらい(2つの味が楽しめる)とあって、
価格もお手頃、暑い夏にはぴったりのイタリア名物である。

IMG_1926.JPG
(通りはひっそりとしている)

今回頼んだのは、
ヨーグルト味
ピスタチオ味
の2種類。溶けるのが先か、食べ終わるのが先か。
2人であっという間にたいらげてしまった。

繰り返すようだが、時刻は22時をまわったところである。。
昼間の引きこもり生活+夜のハイカロリー摂取については、考えないことにしたい。
posted by Rei at 02:43 | Comment(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする