生まれも育ちも山近く、自然あふれるところで育ったこと。
高校時代山岳部だったこともあって「山」があるのは当たり前の生活を送っていました。

だから、気になるんです。
海外の山事情!
IMG_0893.JPG

4月のある日。
どこか旅行に行きたいと思い立ち、チェルヴィニアに行ってきました。
そうです。マッターホルンと言った方がピンと来ますよね^^

マッターホルン近くはやはり寒い!
それもそのはず。到着した山のふもとではなんと、スキーヤーの姿が…。
(あと、日向ぼっこしているイタリア人たち!w)

あまりにも雄大で、そしてすがすがしい空気に圧倒されてしまいました。
それにつられて昼間っからビール!w
最高でした!
posted by Rei at 04:11 | Comment(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
イタリアの食べ物は美味しいから太るよ!!

…と言われ、期待半分。ダイエット断念半分。

で、たどりついたイタリア。

たしかにご飯のおいしいこと

IMG_1179.JPG

知らなかったのですが、イタリア人も牛肉や馬肉を生で食べる習慣があります。
これは、馬肉(生)のタルタル。あっさりでおいしかった!
なんと、まぐろも食べるんですよ。刺身で…というわけではないですが笑

IMG_1060.JPG

外食ももちろんGoodですが、おうちごはんでも驚いたのは、
そのパスタの種類の多さ。(ワインもだけど)
特にお気に入りなのは、いろんな味があるラビオリ!
ゆでるだけで簡単においしいラビオリに♫日本でもよくある半調理品のようなものですね。

共通して言えるのは、イタリアの人たちは食事の時間をとても大切にしているんだなということ。
夕飯が始まるのはだいたい8時過ぎ。(夕飯前に食前酒+おつまみという文化もあるんだとか)
ワインを飲み、語らいあっという間に11時です。w

ちなみに、こちらの人たちは食べ物を「シェア」したりは基本的にしません。
ひとり一皿。そのため、でかーいピッツァも大盛りなパスタもひとりで食べる!と意識しないといけません。

「欧米にいくとどうしても量との戦いになるんだよね…おいしーけど…ゲプッ」
とつぶやく私なのです。w
posted by Rei at 03:06 | Comment(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
トリノにどうして「エジプト博物館?」と思ってしまうのですが笑、

地球の歩き方にも載っているように、たしかにここのエジプト博物館、

すごいです。

入場までには40分ほど。入口でリュックサックなどの荷物はロッカーに入れるよう、
指示されます。

ゲートをくぐり抜けていざ中へ!

中もすごい人でごった返していました。
それもそのはず、パピルスや古代文字が書かれている書物や、
当時の人が使っていた衣類や食器類、装飾品、そして…

IMG_1022.JPG

棺や、本物のミイラが展示されています。

いや、ミイラ…テレビや本の中でしか見たことなかったけど、
ほんとに包帯のようなモノでぐるぐる巻きにされていました。

ミイラになるのは身分が高い?証拠だったんですよね。
それにしても現代にいたるまでよく保存できるなぁと思いました(ロシアでみたレーニン(ミイラではない)もそうでしたが…)

エジプトと言えばピラミッドをイメージしていましたが、
ピラミッドだけではなく、さまざまな分野で技術があったんだなぁと
改めて感じる90分でした。

ちなみにここの博物館は、本家エジプトにある博物館に次ぐ
所蔵量なんだそうです。エジプトに興味がある人も、そうでない人も
オススメの博物館でした!
posted by Rei at 22:45 | Comment(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする